部品の劣化や緩みによる浴室の水漏れ

浴室のどこかで水漏れを見つけた場合、まずは部品が劣化していたり、緩んでいたりする事を疑ってみましょう。自分で修理や修繕ができるため、専門業者に依頼する必要はありません。モンキーレンチなどの道具や該当する部品を用意すれば、問題なく対応できます。

■各箇所の水漏れの対処法

蛇口やシャワーヘッドからの水漏れの場合、部品の劣化が考えられます。内部を拭いて水分を取り除いても直らない場合は修理や交換が必要となります。
浴槽からの水漏れはゴム栓の交換、あるいはひび割れた部分の補修や修理での対応が可能かどうかを確かめるのがよいでしょう。床下や壁内部からの水漏れは配管の修理が必要となることが多いです。

■換気扇の水漏れへの対応

天井部分に取り付けられた換気扇から、結露などによって水が垂れてくることもあります。このような場合、使用をストップして窓や扉を開けて換気を行ってみましょう。
さらに、内部を掃除してそれでも症状が改善しないのなら、修理や交換が必要です。特定の部品の修理をするのは簡単そうでも難しいと感じる方も少なくありません。自分で対応できない場合はやはり専門業者に依頼をするのが肝心です。

■まとめ
浴室の水漏れは多くの場合で部品の劣化や緩みが原因となります。自分で必要な道具と替えの部品を用意すれば、対応できないことはありません。しかし、判断を誤ったまま自分で修理をした場合、部品や機器そのものを交換することにもなりかねません。確実に自分で修理ができるかをまずは確認しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ