ウォシュレットの水漏れで確認すべき要素について

ウォシュレットの水漏れは多くの場合で部品が劣化してつなぎ目から水漏れを起こしています。どの部分から水漏れをしているかを把握し、依頼が必要な状況なのかどうかを判断するのがよいでしょう。さらに、どういった点を確認すべきか覚えていきましょう。

■パッキンやボルトをチェック

ウォシュレットの水漏れが発生した場合、まずパッキンやボルトをチェックしましょう。ホームセンターで購入できる新しい部品と交換することで改善する場合もあります。接続部分が緩んでしまっている場合も締めるだけで水漏れが止まることもあります。
ノズル洗浄ボタンがついている場合は簡単に掃除ができるため、こまめに手入れをしてトラブルを未然に防ぎましょう。

■保証書の確認

メーカーの保証期間内である場合、メーカーに修理依頼するのが大切です。それぞれのトラブルの対処方法についても紹介している場合もあります。保証期間が過ぎている場合はどうしてもメーカーに依頼する修理代金が高額になってしまうことも多くなるものの、自分で修理ができるのなら余計な費用をかけずに済みます。
自分で修理を行う場合、素人判断で分解してしまうとさらにトラブルが拡大してしまう可能性もあるため、慎重な判断が必要となります。

■まとめ
ウォシュレットの水漏れで確認すべき要素はまず何が原因であるかです。次に自分で修理が可能な内容であるかの確認をし、保証書の確認も行っておきましょう。パッキンやボルトの経年劣化の場合は部品交換で対応が可能です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ